メインイメージ画像

教育ローンを上手に選ぼう!

たくさんの金融機関で取扱いのある教育ローンですが、選び方の大事な点を挙げてみます。まず、金利方法ですが金利には、固定金利と変動方式が存在します。普通、変動形態の金利は安くなっています。しかし、変動方法はその後の社会状況によっては、上がるケースがあります。教育ローンは、けして低価格ではないので、返済計画の立てやすい固定形式を最もすすめます。

また、教育ローンの返済様式ですが、学生の間は金利のみ元金を返すのは就業後としているものが一般的です。勤務後は教育ローンの名義をお子様の名前にかえることができる返済方法を設けている金融会社もあります。老後資金に悪影響がないように、各金融機関に聞きましょう。

以前に、大学院に入った時に私も日本学生支援機構の制度を使っていました。テストなどでアルバイトの時間も存在しなかったので、大変助かりました。

私は、2つとも借りていたから、在学中はさほどバイトを行わくても、生活はできました。困難だったのは、勤務して出産、退職をしてからの返済だと思います。私自身が就職している間は問題ないのですが、出産後、会社を辞めてからの支払は、話通り非常に大変でした。返済がハードだった理由としては、仕事を辞めたことももちろんですが、結婚相手も奨学金を利用していたこと、加えて私が併用で利用していたことが原因です。奨学金とは言え、返す義務のあることを承知して利用する必要があると言えます。