メインイメージ画像

どこかへ転職するのか、目標の企業に転職したいのか

意思を固めて転職しようとしたら、企業選びというのは、あなたにとって特に重要です。けれども、転職希望者に合う会社探しとは、自分の望みと会社側の希望がマッチする状況を見つけ出すことそのものです。そのためには、職種と具体的な仕事の内容や希望給与額など、企業を選ぶ基準を確実に作成しておくのは当たり前ですが、転職の目的やあなたのこだわりを熟慮して順位を考えておいて下さい。加えて、たとえ大事な項目でも妥協できる部分はどこかキチンと考えておきましょう。

転職者の面接試験における自己紹介は、これまでのキャリアと自己PRを中心に話しましょう。

その際に至要なことは、どのように伝えるかです。はじめに、これまでのキャリアは、採用担当者にその人がいる(いた)オフィスの環境を想い描いてもらえるよう、事実をあげて話すとよいでしょう。その上で、功績や得られた結果を伝達したほうが効果的です。続いて、自己アピールは自分のプラスの面を話しましょう。

その時、数は多くとも3つに限定するとよいでしょう。そして今までのキャリア同様、実例を交えて話すことによって、良いところに説得力をもたせることが重要です。

面接が上手くいくために、これを話せば確実に成功するという法則は実をいうとありません。けれども試験に落ちる蓋然率をとても下げることは十分可能でしょう。

驚かれるかもしれませんが、多くの転職活動中の人が面接対策を十分にできていません。その結果、面接をクリアできないのが実情です。面接対策をできる限りやっておけば、クリアできる確率は非常に上がります。面接対策としては、予想できる質問に自分らしく、なおかつ簡明に答えられるようにしておくと同時に、相手の目を見て話すなどの基本的なマナーは再確認しておくとよいでしょう。

更新情報